【神企画】陰キャでも恋愛心理学をガチで勉強すれば流石にモテる説。

日陰で生きてきた人間がいた。
彼は、光合成することもなく、ただひたすらに二酸化炭素を履き続け、社会の救済措置を貪り、ここ数年女性との関係にも恵まれない日々を過ごしていた。

彼はふと思った。
自分はなぜモテないのだろう。

「こんびにこ」としての影響力を失ってしまえば僕は一切価値のない人間になりえてしまう。そんなのは嫌だ。こんびにことして生きずとも、モテたい。そうすれば今後、こんびにこがどうなろうとも恒久的に僕はモテ続けるし、その術を共有することで、多くの同胞たちが幸せになれるはずだ。

陰キャたちよ。いまこそ立ち上がれ。
我々は今まで「めんどくさい」「そこまでしてもてたくない」そんな言い訳をして逃げてきた。

我々が誇るべきは「怠惰」ではない。
興味関心のあることへの飽くなき「探究心」と「集中力」である。

立ち上がれ、陰キャたちよ。
我々は今こそ、本気でモテるための術を学びつくし、実行するのだ。

陰キャたちよ。大志を抱け。