恋に落ちる脳内ホルモンで好きな人を支配するデートテクニック(脳科学・恋愛心理学)

フェニルエチルアミン(PEA)が分泌したとき人は「恋に落ちた」と錯覚してしまうのです。惚れさせ脳内ホルモンフェニルエチルアミン(PEA)を活用し、好きな人を「脳から支配する」恋愛心理学と脳科学の話。

フェニルエチルアミン(PEA)は別名、最強の惚れ薬とも言われています。

モテる男女は、脳内ホルモンで生み出される「好き」という感情を支配し、恋愛やデートに有効活用していること、あなたは知っていますか?

今回は、モテる男女がやっている、惚れさせ脳内ホルモン=フェニルエチルアミン(PEA)の恋愛活用・デート活用方法を解説します。

・恋愛における好き・嫌い・不安の様々な感情。

・肌艶、体つき、ダイエット効果など、様々な体の変化。

実はこれも、様々な脳内ホルモンに操られている「結果」なんです。

▼ チャンネル登録はこちらから ▼
https://www.youtube.com/c/renairecipe?sub_confirmation=1

▼ 関連動画 ▼
#恋愛レシピ (恋愛テクニック・恋愛心理学)

▼ 更新情報はこちら ▼
恋愛カウンセラー・イサキ Twitter
https://twitter.com/renairecipe