婚活女性が陥りやすい、結婚したいのにできない “恋愛事情” とはズバリこういうことだ

写真拡大   婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした男女の婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆきます。今回は、『結婚したいのにできない女性の恋愛事情』です。ステイタスのある堅物か、スマートな軟派系か  会員の安住順子さん(35歳、仮名)は、結婚相談所でお見合いもしながらも、婚活アプリにも登録をして、婚活を続けています。2つの場所で活動しているのは、“お相手に出会える機会をより多く持ったほうが良い”と思っているからです。  そんな順子さんですが、つい最近まで、相談所でお見合いした大手企業に勤める幸田真一さん(41歳、仮名)、婚活アプリで知り合ったメーカーに勤める大野雅治さん(38歳、仮名)とお付き合いしていいました。それぞれの男性とデートをした後、その報告をしてきました。  まずは幸田さんについては、こんなことを言いました。 「幸田さんが連れて行ってくださったお店は、落ち着いた大人の雰囲気の和食屋さんでした。お料理もサービスも素晴らしかった。ただ、ご本人の言動がどうもデリカシーに欠けるというか。  カウンター席だったのですが、私がお手洗いに行くので席を立とうとしたら、奥で調理している板前さんに、すごい大きな声で、『トイレどこですかー?』と聞いたんです。店中の人に、これから私がトイレに行くことが知れ渡ってしまって、ちょっと恥ずかしかった」  そして、大野さんについては、こんなことを言いました。 「大野さんとは、カジュアルなイタリアンに行きました。そんなに高くないお店でしたし、支払いも6、4の女子割でした。でも、話題が豊富な方なので話していて楽しいし、私の話もよく聞いてくれた。  女性のエスコートの仕方もスマートなんですね。ただ、女性に手慣れている感じもするので、そこはこちらも冷静になって、お付き合いを進めていこうと思っています」  そこからまた2人の男性とデートを重ねていったようですが、会うごとに、お見合いした幸田さんの評価は下がり、アプリで出会った大野さんの評価は上がっていきました。 「幸田さんは今住んでいらっしゃる家を購入されていて、さらにもう一軒買えるだけの貯金があるそうです。すごいですよね。ただお話ししていても会話が広がらないんです。しゃくし定規な話しかしないし、上司を接待しているような気持ちになります。  それに比べて大野さんとは、自然体でいられていい感じです。そんなに貯金はないと言っていたけれど、私も頑張って働けばいいし、一緒に生活するなら断然、大野さんの方が楽しいと思います」  そして、幸田さんには、“交際終了”を出しました。恋愛の先の結婚、これが難しい  ところが、思わぬ展開が待っていました。ある時、こんなメールが来ました。 「大野さんにフラれてしまいました。私がグイグイいき過ぎたのか、『順子さんはすごく結婚したいって頑張っているのは良いとことだと思うけど、自分はまだそんなに結婚を現実として捉えていない。 そこが一致しないままこれ以上、仲良くなったら、お互い苦しくなっちゃうんじゃないかな? 僕らはもう会わないほうがよいと思う』って言われました」  この話を聞いた時に、私は、男性に対して腹立たしさを覚えました。“結婚をまだ現実として捉えていない”のに、なぜ婚活アプリに登録をしているのか。“婚活”と銘打っている以上、結婚相手を探すために登録するのではないか!  それとも順子さんとの結婚は考えられなかったので、彼女を傷つけないような“別れの理由”を考えたというのでしょうか。  しかしですね、これがまさに30代の女性たちが陥りやすい、結婚できない事情なんです。  真面目一徹で面白みのない男性は、どんなにステイタスが良くても結婚相手には選ばない。それは、彼らを好きにならないし、結婚生活に楽しいイメージが持てないから。  でも、日々の生活を楽しくするのもつまらなくするのも、実はご自身の心構えひとつなんですよ。また、生活の基盤はお金が担いますから、収入のある男性と暮らしていた方が、安定した穏やかな暮らしができるのです。  一方で、“出会った時から女性の扱いがスマートで話をしていても楽しい男性”を女性たちは好きになり、恋愛の末の結婚を望みます。しかし、20代ならまだしも、30代後半、40代のそうした男性たちは、結婚に興味がない人たちが多い。  また、口説き上手なことをどこかで過信していて、“まだまだ自分はイケてる”と勘違いしているので結婚に定住しようとしない。定住するときには、年の差婚を狙ってきます。  しかし、20代の女性たちからしたら、30代後半や40代のおじさんを相手にすることはないので、彼らは結婚難民化していくのです。彼氏がいるのに結婚できない女性の事情 「結婚から一番遠いところにいる女性は?」と聞かれたら、“彼氏のいない女性”を思い浮かべますよね。ところが、一番結婚から遠いところにいる女性は、“結婚を言い出さない彼氏と付き合っている女性”なんです。  彼氏のいない女性は、“真剣に結婚したい”と思っている男性を結婚相談所や婚活アプリなどで見つければ、すぐに結婚することができでしょう。  ところが、もう2年も3年も付き合っているのに、男性が“結婚”という言葉を決して口にしない。話がそっちの方向に行きそうになると、うまく話題をすり替えてしまう。そんな彼氏がいる女性は、ずっと独身のままです。  “もしかしたら、別れたほうがいいのかも”と思っても、一人になるのが怖くて、ずるずると付き合っている。“結婚を考えている?”と聞くことで、二人の関係が終わってしまうのもまた怖くて、言えずにいる。  結婚を言い出さない彼氏と付き合っている女性は、どこかで決断をして、二人の関係に決着をつけなければ、ただ時間だけが無駄に過ぎていきますよ。その年下の彼、本当に大丈夫? 「彼氏、いますよ。年下なんですけど」「私、年下としか付き合ったことがないんです」「結婚するなら、年下でもいいです」  30を過ぎて、こんなセリフを言っていたら、結婚は手の届かない場所にある夢の暮らしだと思ってください。  先日もこんな女性に会いました。芳村香織さん(34歳、仮名)は、5つ下の男性とおつきあいしていると言うのです。香織さんは一人暮らしで、彼は会社の独身寮に入っている。週末になると、香織さんの一人暮らしのアパートに泊まりにくるのだそうです。 「そんな関係がもう1年続いているんです。私はそろそろ結婚をしたいのだけれど、年上の私から“結婚”という言葉を言い出すのは重たいかなとも思うし、ヘンなプライドが邪魔をして言えないんですよね」  30を過ぎた年上の女性と1年も2年も付き合っている年下くんは、そもそも結婚するということを、現実としてとらえていない。女性が年を重ねて行くというのは、出産できる時間のカウンドダウンが始まっているということ。その認識があったら、彼女と結婚をして責任を取るはずです。  また、年下くんとおつきあいしている女性たちは、“私から結婚を言い出したら重たいのではないか”とか“プライドが邪魔をする”とか、言っている場合ではありませんよ。  もしも本当に結婚をしたいなら、前出の順