Iカップグラドルが『アプ恋』に参戦! 尼神・誠子「Iカップをこすりつけて欲しい」

6月12日、AbemaTV(アベマTV)にて史上初の恋活アプリリアリティーショー『アプリで恋して何が悪い』第11話が放送され、Iカップグラドルがアプ恋に初登場した。   現代の出会いのスタンダートになりつつある「恋活アプリ」での出会いを通して1か月以内に恋人を作ることを目標にした本番組。恋人のいない男女が趣味でつながる恋活サービス「タップル誕生」が完全協力し、アプリの中での出会いに密着。さらに、番組に出演するメンバーとアプリ内でマッチングし、実際に出会える可能性があるという、アプリならではの視聴者参加型恋愛リアリティーショーだ。そんなイマドキ恋活アプリの恋愛模様を見届けるのはお笑いコンビ・尼神インター(誠子・渚)と、YouTuberの奈良岡にこ、ダンスユニット・lol(小見山直人、honoka)<50音順>。   今回初登場したのは現役のIカップグラドル帆春(24歳/以下、帆春)。     グラビアアイドルという職業柄、業界内の人としか出会いがなく、3年ほど彼氏がいないという。自身のことを典型的な末っ子型気質だという帆春は、食べることと体を動かすことが大好きで男らしい人がタイプ。色白で細身の男性よりも日に焼けているワイルド系で、ヒゲが似合うと◎!さらに、デート場所を提案してくれるなど、リードしてくれる男性が良いそうだ。浅草などでの下町デートに憧れがあり、ゴルフの打ちっぱなしに行って教えてくれるような人との出会いを希望している。   帆春の恋愛観を聞いたスタジオのMC陣は「考え方が凄く大人な感じがするから、大人なデートしそうやな(渚)」とコメント。また、B:92/W:56/H:82というスリーサイズを聞くなり、誠子も「Iカップをこすりつけて欲しいよね」とコメントした。   そんなグラマラスなIカップグラドル帆春の恋人候補を現在タップルで大募集中!帆春に『いいね!』して、アプ恋に参加しちゃおう!     次回『アプリで恋して何が悪い』第12話は6月19日よる11時~!次回も是非、お見逃しなく!    (c)AbemaTV